スポンサーリンク

地元の内科で言われたこと(糖尿病の経緯③)

病気のこと
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

眼科受診を終えた次の休み。
地元の内科に行きました。
市内だったら糖尿病はそこかなって思った病院。
眼科からの紹介状を持って受診。
そこは現在、透析でお世話になっている病院です。

お手紙を渡し、事情を話して血液検査。
血糖値がかなり高かった。
そして初めてHbA1cという言葉を知った。
それも、かなり高かった。
高すぎた。

高すぎて、この病院では診ることができないと言われた。
そして、隣の市の大きな病院に紹介状を書かれた。

説明はよくおぼえていない。
頭がボーッとしてた。
ショックだった。
受け入れきれなかった。
とりあえず職場に電話をした。

どうしたの?
元気がないね。

って言われた。
とりあえず上司に代わってもらって、翌日休みをいただいた。
そして翌日、隣の市の大きな病院を受診した。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています
PVアクセスランキング にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます
病気のこと
記事が気に入ったらシェアしてね
しっくんをフォローする
日々は刺激にあふれてる

コメント

プロフィール

なかのひと
しっくん

ずっとレンタルブログでブログを書き続けてきたが、2019年1月1日より独自ドメインでブログを運用する決心をし、2018年11月28日にサーバーを契約。
ワードプレスの勉強をはじめ、ブロガーとして生きることを決心し、現在に至る。
何か人の役に立てることをして社会への恩返しをしたいと思っている。

しっくんをフォローする