スポンサーリンク

新しくなった独立行政法人国立病院機構嬉野医療センターの循環器内科へ。

検査結果
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

透析導入入院したときに見つかった心臓の働きの悪さ。
心エコー検査で、心臓の働きが半分ぐらいになっていると言われた。
精密検査が必要と言われたので行った、嬉野医療センター。
当時はまだ、移転前だった。
今日は新病院になっていた。

心カテ検査入院についてまとめてみた。

そして今日は、心カテ検査入院後半年が経過しての受診。
予約の都合上、半年過ぎたけど。
緊張しながら嬉野へ向かった。

受付でこれを渡されて、まずは採血へ。
採血に時間をかけるようになっていた。
採決後におさえる時間がしっかりとってあった。
シャントは左なんだけど、今後のことも考えて手先から採血された。
すごいな。

採血が終わると次は心電図。
そして心エコー。
その後、血圧測定をして診察室前で待つ。
そして呼ばれた。
ひさしぶりの再会。

結局心臓の弱っていた原因はわからず。
先生も心配していたと言われた。
そして今日の結果。

前回の問題点としては2つあった。
心筋の壁が厚いこと。
心臓のポンプの働きが弱いこと。

今回、心筋の壁が厚いことに関しては変化なし。
ただ心臓の働きに関しては劇的な回復というとだった。
なんで弱っていたのかもなんで回復したのかもわからないけど、薬が効いたのかもしれない。
副作用がなければ服薬は続けてみましょう。
ということだった。
なんともうれしい結果。
弱っていた心臓が元気になっていた。
本当にうれしくて、先生に何度もお礼。
先生も心配していた、私もうれしい、と。

次回は2月の終わりにまた検査。
そこでも異常がなければ次は1年後らしい。

うれしい結果を持って、会計を済ませて食堂へ。
これ(食事)がメインイベントな気がしてたけど笑

食堂は1階。
階段で降りた。
メニューを見ているとうしろの人がチキン南蛮がおいしかったと教えてくれたので素直にチキン南蛮を注文。

食堂は大盛況だった。
きれいになってた。
スタッフさんも増えていた。
給食室のような匂いもしなくなっていた。

景色もいい。
天気もいい。

おいしく食べて、帰路につきました。
心臓が元気になっていてよかった。
本当にうれしい。

コメント

プロフィール

なかのひと
しっくん

ずっとレンタルブログでブログを書き続けてきたが、2019年1月1日より独自ドメインでブログを運用する決心をし、2018年11月28日にサーバーを契約。
ワードプレスの勉強をはじめ、ブロガーとして生きることを決心し、現在に至る。
何か人の役に立てることをして社会への恩返しをしたいと思っている。

しっくんをフォローする