スポンサーリンク

先生がしてくれたのはこれだったのか。

腎症・透析
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

もう、本当に腎不全末期の頃。
今から1年前ぐらい。
先生が、もしかしたら効果があるかもしれない方法があるとおっしゃった。
糖尿病治療薬で腎不全が回復した症例があると。
先生は自分で調べてくれた。

その薬は、糖尿病の薬だとおっしゃった。
血糖値を下げる薬だが、血糖値を下げるという目的ではなくどちらかといえば腎臓を保護するために使いたいと。

今日、以下のような記事を見つけた。

糖尿病性腎症 SGLT2阻害薬は大ブームとなるのか | AnswersNews
糖尿病治療薬として承認されているSGLT2阻害薬で、腎保護効果を検証する臨床試験が活発に行われています。治療選択肢が限られている糖尿病性腎症の新たな治療選択肢として期待が高まっています。

先生が最後の最後にやってくださったのは、これだったのだ。
これを自分で調べてやってくれたのだ。

本当に、二人三脚だった。
闘病だった。
医師と共に。

先生はいつも僕の腎臓をよくすることを考えてくれた。
仕事中も、そうではないときも。
医療関係者とこんなに腹を割って話せたのは初めてだった。
僕は患者さんでなく、先生の前では僕だった。
僕という人間だった。
この先生に出逢えたことは僕の人生の中でかなりの幸せなことだと思う。

これからもちょくちょく先生のことは書いていくと思う。
僕は勝手に、一生関わりたい先生だと思っている。

コメント

プロフィール

なかのひと
しっくん

ずっとレンタルブログでブログを書き続けてきたが、2019年1月1日より独自ドメインでブログを運用する決心をし、2018年11月28日にサーバーを契約。
ワードプレスの勉強をはじめ、ブロガーとして生きることを決心し、現在に至る。
何か人の役に立てることをして社会への恩返しをしたいと思っている。

しっくんをフォローする