スポンサーリンク

2型糖尿病で人工透析患者の令和元年8月13日(火)の記録。

日々のこと
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

今朝の血圧と体重。
血圧はもう、起床時の臥位しか測定しないことにした。

体重は割と増えた。
帰ってからの弁当と、大きいのは夕べのしゃぶしゃぶだな。
満腹中枢が壊れたのかと思った。
食べれば食べるほどお腹がすいて気分が悪くなる感じ。
たまにある。

昨日計算してみて、家でのドライからいくと75.1kgをこえなければ除水制限に引っかからないはず。
ということは残り食べられる重さがだいたいわかる。
これは今さらながらすばらしい方法だ。
今頃になってやってるけど。
これからはこうやって計算していこう。

朝食。
今の自分はごはん抜きで働ける状態ではない。
しかしごはん抜きでの仕事になりそうだったからあわてて食べられるものを探した。
この前のチーズケーキの残りがあった。
めまいもあったのであわてて詰め込んだが、そんなにすぐ回復するものでもない。
倒れ込んでいたが、横になっていても彼には体がきついのだろうか?と考える想像力がない。
返事もできないほどしんどくても、彼は「無視された」としか思わない。
返事もできないほど体がきつい状態を知らないのか、それとも人がそう言う状態であることを想像できないのか。
それがわかっているけど、動くことができないでいるのに無情にも働けと言われたこと心のきつさがピークになった。
大丈夫か?体がきついのか?動けないのか?ではなく、無視しやがった、サボっていやがると考える彼の受け止め方は僕と重なることはない。
仕方ないんだけどね。
わからない人にわかれと言っても仕方がないんだ。
できない人にやれといってもできないものはできないんだ。
きっと彼の中での僕は、そういう人間なのだろうから。

結局動けず。
もうたまらなくなって帰った。
誰にも気持ちが通じない。
なぜ僕がきちんと仕事の打ち合わせをして情報共有をしたいのかが誰にも通じない。
その事に今日は耐えられなかった。

お昼ごはんはファミマで買った。
豚肉の下のごはんが麦ごはんだった。
野菜スティックは人参がかたくて食べられなかった。
歯医者も行かないとな。
このままじゃよく噛んで食べることができない。

ごはんを食べ終わって休んでいると電話。
からあげをあげてくれないかということだった。
動けそうな気がしたので承諾。

それでもやっぱりめまいはするので、コーラをドーピング。
背に腹はかえられない。

なんとかからあげをあげ終わって、ぐったりした。
ぐったりとして横になっていると考える。
どうしてこんなにめまいがするのだろうか。
どうしてこんなにまともに動けない体なんだ。
自分で自分に怒りが湧く。
それでも死なずに生きていることは喜びで。
動かぬ体に悔しさを感じながらも、脈打つ心臓に感謝はしている。

どうにかしたい。
自分で生きていく力を付けたい。
何度も何度も考える。
どうすればいいのか。
なにが自分の幸せなのか。

午前中の態度を反省したりもした。
後悔したりもした。
傷つけてしまったか、かわいそうに、と。
どうしてもっと冷静に話せないのだろうか。
感情的にならずに伝えられないのだろうか。
そんなことを考えていたら日が暮れた。

相変わらず、帰るという連絡もない。
それがあれば、お風呂もためておけるのにっていつも思う。
何時に帰ってくるかわからないから、お風呂がためられない。
お湯が冷めてほしくないから。
だけど、そんな想いも伝わらない。

悲しいことだな。
お互いに。
嫌い合っているわけではないのに。

夕食。
夕食前に体重を量ると、74.5kgだった。
あんまり食べられないなって思った。

手前のサーモンと大根、魚を一口だけ食べた。
食前の服薬の水、食後の服薬の水、寝る前の服薬の水のことを考えると食べるのが怖かった。
けれどそういう気持ちもきっと誰にも伝わらないんだろうなって思ってしまった。
幸か不幸か、それだけで満腹になった。
「また食べなかった」と思われるのかもしれない。
申し訳ないとは思う。
だけど、仕方がないんだ。
もう、わかってくれとは言わない。
そしてわかってもらえないことを怒りもしないようにしよう。
説明して伝わらなければもうそこであきらめよう。
ケンカしてでも伝えたい、理解してほしいとは望むまい。
そう考えた。

理解してもらえないことの方が、ケンカをして苦しめるよりも僕は楽だから。
それでいいんだって思う。

わからないこともしんどいのかもしれない。
理解できないことも辛いのかもしれない。
変えられない、できないことも苦しいのかもしれない。
僕はそう思うから。
もう責めることはやめよう。
気持ちや想いは水に流そう。
許しながら生きよう。
そうやって生きられる穏やかな人になるための努力を忘れないようにしよう。

心からそう思ったら、少し楽になった。
そしてなぜだか少し悲しかった。

体重はバッチリ。
食事前は服を着てはかったので少し重かったのだろう。
これで明日の体重はクリアできる。
そう思うと、少し嬉しかった。
服薬も全部終えての体重だしね。

とにかく穏やかに、そして自立して生きられるように頑張ろう。
今の僕にでもできることを考えよう。
できるだけ、周りの人を苦しめないように。
そして僕自身も気楽に楽しく生きられるように。

そんなことを思った日だった。

コメント

プロフィール

なかのひと
しっくん

ずっとレンタルブログでブログを書き続けてきたが、2019年1月1日より独自ドメインでブログを運用する決心をし、2018年11月28日にサーバーを契約。
ワードプレスの勉強をはじめ、ブロガーとして生きることを決心し、現在に至る。
何か人の役に立てることをして社会への恩返しをしたいと思っている。

しっくんをフォローする