進学は事件のはじまり。

愛と青春の事件簿
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

その年の桜が、綺麗だったのかどうだったのか。
それはおぼえていない。

ただ、新しいすみかの裏の神社と公園は、満開の桜の雨だった。
ひらりひらりと降り注いでいた。

僕は訪れたことのない場所に立っていた。
こんな場所、来る予定もなかった。

センター試験に惨敗した僕は、前期で佐賀大学の文化教育学部学校教育課程を受験した。
そして見事に桜散る。
後期試験は岡山大学経済学部(夜間主)を受験。
新幹線で岡山に行った。
初めての岡山。
B’zの稲葉さんの故郷と、桃太郎。
それしかなかった。
とても大きなキャンパス。
受験後、後楽園を観光してきびだんごを食べて帰った。
岡山の唯一の思い出。

私立大学は受験する気がなかった。
けど、そうも言っていられない成績だったので福岡大学と九州産業大学と母校を受験。
福大と九産大は見事に落ちた。
どの学部を受験したかもおぼえていない。
母校は、センター利用で受験。
比較的よくできた科目だったから。

結果、岡山大学経済学部(夜間主)と母校に合格。
かなり悩んだ結果、家族とも話し合い母校にした。
今考えたらバカな選択をしたと思う。
どう考えても岡山大学の方がよかったのに。
けど、色々な事情もありありえない方の選択をした。

そんな経緯で僕は、見知らぬ土地に立っていた。
受験でも来ることがなかった大学。
初めて聞いた名前だし、初めて見た大学。
高校の同級生なんていなかった。
過去にこの大学にきた先輩がいるのかどうかもわからない。
Fランですよ。

入学式で、僕は1人の同級生に声をかけた。
眼鏡のマジメそうな子。
八女出身だという彼は、言葉のなまりがひどかった。
同じ学部、同じ学科だった。

入学式当日に出逢った彼を、その日僕は家に連れ込んだ。
家にはまだ母が残ってくれていた。
初めてのひとり暮らし。
初めての大学の友人。
家でいろいろと話した。

翌日から僕は、彼と大学に通うようになった。
彼は、まっちゃんといった。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています
PVアクセスランキング にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます
愛と青春の事件簿
スポンサーリンク
記事が気に入ったらシェアしてね
しっくんをフォローする
日々は刺激にあふれてる

コメント

プロフィール

なかのひと
しっくん

ずっとレンタルブログでブログを書き続けてきたが、2019年1月1日より独自ドメインでブログを運用する決心をし、2018年11月28日にサーバーを契約。
ワードプレスの勉強をはじめ、ブロガーとして生きることを決心し、現在に至る。
何か人の役に立てることをして社会への恩返しをしたいと思っている。

しっくんをフォローする