ようこそ地獄の一丁目へ!事件。

愛と青春の事件簿
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ゴールデンウィークが終わり、大学に戻った。
まっちゃんと一緒に大学に行ったんだけど、5限目の講義は違う講義だった。
僕はまっちゃんに黒靴を預けていたので講義が終わった後に電話をしたんだけど連絡が取れなかった。
探したけど見つからない。
仕方がないので少し遅くなったが部室に行った。

部室に入ると先輩が怒っていた。
僕が遅かったからだ。
事情を説明したけど、怒られた。
ジャージに着替えて部室に呼ばれる。
そこで初めて団長を見た。
まるでその筋の人だった。
そして団長の裏には木剣(木刀)が壁に立てかけて並べてある。
そして準幹部と呼ばれる3回生もいた。
そこで僕は初めて「しごき」を受けることになる。
眼鏡の男の人が竹刀を持っていて、四股立ちをさせられた。
きつかった。
汗があふれてきた。

それが終わって部室を出る。
途端にメガネの人が優しい顔になり「よく頑張ったな」と言われた。
ほんの少し前まで竹刀でしばかれながらしごかれたんだけど。

練習場に走っていく。
そこで、基礎練。
発声と、手振り。
そして、四股立ち。
初めてまっちゃん以外の同級生にも会った。
四股立ちはみんな初めてだったけど、僕は2回目。
やり方はわかっていたけど足がガクガクした。

それからまず、学歌を教えられた。
そして翌日までにおぼえてこいと言われた。
おぼえてこないとどうなるかはもうわかっていた。
部訓というものも教えられた。
部訓もおぼえないといけないものだった。

応援団に入部したことを激しく後悔した。
ここは楽しいサークルなんかじゃない。
地獄の一丁目だったのだ。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています
PVアクセスランキング にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます
愛と青春の事件簿
スポンサーリンク
記事が気に入ったらシェアしてね
しっくんをフォローする
日々は刺激にあふれてる

コメント

プロフィール

なかのひと
しっくん

ずっとレンタルブログでブログを書き続けてきたが、2019年1月1日より独自ドメインでブログを運用する決心をし、2018年11月28日にサーバーを契約。
ワードプレスの勉強をはじめ、ブロガーとして生きることを決心し、現在に至る。
何か人の役に立てることをして社会への恩返しをしたいと思っている。

しっくんをフォローする