押忍と礼儀作法、事件。

愛と青春の事件簿
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

応援団の礼儀というものを教わった。
まず、一回生はゴミ。
二回生は虫ケラ。
三回生は人間。
四回生は天皇。
OBは神だった。

ゴミは天皇と直接話すことはゆるされなかった。
一回生は四回生に直接話しかけてはならず、話しかける場合は三回生を通じて話しかけることになる。
四回生から話しかけられた場合は、直接答えていいんだけどね。

応援団の返事は「押忍」だった。
それだけ。
それ以外の返事は習っていない。

先輩に話しかける場合は礼をして「押忍、失礼します」と言ってから話しかける。
話し終わると「押忍、失礼しました、押忍」といって礼をする。
先輩と話す場合は起立、気をつけをして直立不動。

お礼は「押忍、ごっつぁんです、押忍」と言う。
四回生(幹部)には必ず兵隊がつく。

基本的にはそんな感じ。
とんでもない世界に入ったものだと思った。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています
PVアクセスランキング にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます
愛と青春の事件簿
スポンサーリンク
記事が気に入ったらシェアしてね
しっくんをフォローする
日々は刺激にあふれてる

コメント

プロフィール

なかのひと
しっくん

ずっとレンタルブログでブログを書き続けてきたが、2019年1月1日より独自ドメインでブログを運用する決心をし、2018年11月28日にサーバーを契約。
ワードプレスの勉強をはじめ、ブロガーとして生きることを決心し、現在に至る。
何か人の役に立てることをして社会への恩返しをしたいと思っている。

しっくんをフォローする