スポンサーリンク

はじめてのトイレ離脱。

病気になってから
スポンサーリンク

あのね、聞いて。
2022年5月23日の透析日記なんだけど。

今日の増えは2kg。
少ないのは、下痢のせいです。
お腹ごろごろで、トイレとなかよしでした。

穿刺は女性技師さん。
ていねいな穿刺でした。
そして、順調な透析。

回診ではドライ下げるか下げないかの話になって。
浮腫があるので下げたそうな先生と、透析後にギリギリの血圧と。
結局、下げないことになりました。

筋トレしてると便意が。
便意のため離脱。
帰ってきたけど、腹痛のため今回の筋トレはお休みさせていただくことに。

透析施設が新しくなってから、初めてのトイレ離脱だった。
トイレの照明が明るすぎて、真っ白な箱にビビった。
そして、自動の照明は何度も消えた。

浮いてる感じの便座には初めて座った。
とくに変わったところはなかった。
シャワートイレのリモコンが、カチ、カチッと押し込む感じで心地よかった。

またトイレに行きたくなるかもしれないので、除水を早めておいてくれる提案をしてくれた。
またトイレに行くかもしれないと思ったので了承した。
とくに食事後が危険かもしれないと思った。

結局食事して。
無事だった。

なにごともなく終了。
血圧も93でギリギリ。
帰れてよかった。

終了時の体重は100g残り。
100gは誤差らしいから気にせずにいこう。

聞いてくれてありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました