「貞子がいた」事件。

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

↓メールマガジン配信してます↓
↑詳細は画像をクリック↑

厳しい合宿の最終日の夜。
この日だけは宴会だった。
団長は毎晩飲んでたけどね。

飲み会は無礼講。
いつも言われていた言葉だった。
そんなわけないけどね。
でも、楽しいものだった。
だいたいは。

吉田は酒が好きだった。
でも、酒に弱かった。
だからいつも最初につぶれていた。
そしてだいたい吐いていた。
最初は酒を抱え、後半は便器を抱えていた。

吉田
吉田

俺はお前がいるから安心して吐けるまで飲める。
俺の介抱を頼む。

と、わけのわからない宣言をされていた。
トイレに置いて酒の席に戻ると、吐き終えた吉田が貞子のように這いずり回って僕を探すという構図ももうお決まりのようになっていた。

しっくん、しっくんはどこだ~。
俺の介抱をしろ~。

宴会はいつも、そんな感じだった。

ランキングに参加しています
PVアクセスランキング にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます
スポンサーリンク
スポンサーリンク
愛と青春の事件簿
スポンサーリンク
記事が気に入ったらシェアしてね
しっくんをフォローする
日々は刺激にあふれてる

コメント

プロフィール

なかのひと
しっくん

ずっとレンタルブログでブログを書き続けてきたが、2019年1月1日より独自ドメインでブログを運用する決心をし、2018年11月28日にサーバーを契約。
ワードプレスの勉強をはじめ、ブロガーとして生きることを決心し、現在に至る。
何か人の役に立てることをして社会への恩返しをしたいと思っている。

しっくんをフォローする