スポンサーリンク

結局、いつものエビフライ。

しげキッチン
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
しっくん
しっくん

どーもこんちくわ☆
しっくん(@comeshigekix)です!

開きエビフライはおいしい。
それはわかった。
しかし、巨大有頭海老のエビフライをどうするか。
課題はそこだった。
しかし結論は、今のままでもプリプリおいしいと言ってもらえているのでこのままでいこうと思った。

そんなわけで仕込む。

いつものようにヒゲを切って殻を剥く。

背わたの取り方は変えた。
折り曲げて楊枝を刺して抜く。
開かないことにした。

節の切れ目は斜めに入れてみた。

いつものように衣を付ける。
小麦粉、溶き卵、パン粉。

あとはいつもと変わらず。

揚がりました。
結構まっすぐになった。

ちょっと曲がった。
伸ばし方が甘かったかな。

微妙に曲がってるな。
しっぽの方が伸ばし方が甘いのかな。

頭もおいしいんですよ。
このミソを楽しんでもらいたくて頭付き。

しっぽの先も上手に開けてないのよね。
まとめて揚げるとこうなりがち。

タルタルの海で泳ぐ。

しっくん
しっくん

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Twitter(@hibishigeki)で更新情報などをツイートしています。

フォロー大歓迎ですっ。
この記事がよかったなって思ったら♡してね。
ブログランキングの応援もお願いします。
そいぎね!

 

↓ランキングに参加しています↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ここをクリックおねがいします↑
スポンサーリンク

しげキッチン
スポンサーリンク
記事が気に入ったらシェアしてね
しっくんをフォローする
日々は刺激にあふれてる

コメント

プロフィール

なかのひと
しっくん

ずっとレンタルブログでブログを書き続けてきたが、2019年1月1日より独自ドメインでブログを運用する決心をし、2018年11月28日にサーバーを契約。
ワードプレスの勉強をはじめ、ブロガーとして生きることを決心し、現在に至る。
何か人の役に立てることをして社会への恩返しをしたいと思っている。

しっくんをフォローする