30分チキンとお刺身サーモンのムニエル。

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク


しっくんとLINE友達になる

ありたどり

佐賀が誇るブランド鶏のひとつ、ありたどり。
その胸肉を買ってきた。

30分チキンを作るためだ。

ありたどり胸肉

皮つきの胸肉。
塩こしょうする。

華塩(はなまーす)

華塩(はなまーす)も使ってみた。

ノルウェー産サーモン

お刺身用のサーモン(ノルウェー産)も買ってきた。
レアで食べるので、必ずお刺身用です。

スポンサーリンク
サーモン

こちらも塩こしょうする。

胸肉とローズマリー

エデンのローズマリー。
大活躍です。

サーモン

サーモンには小麦粉を振ります。
表面をカリッとさせて中はレアに仕上げたいです。

30分チキン

説明通りに30分チキンを作ります。
フライパンは冷たい状態から。
弱火で。
鶏肉はフライパンにピッタリくっつけて。

スポンサーリンク
ローズマリー投入

20分経過したところでローズマリー投入。
一気にいい香り。

30分チキン

ひっくり返して3秒。
そして火を止める。

30分チキン

10分放置したけどまだちょっと生な感じがして、チキンな僕はさらに5分焼いてしまいました。
んー、今度自分だけのために作ってみよう。
そしてら失敗して中が生でもいいから。

サーモン

サーモンは鶏肉の脂とローズマリーで焼きました。
強火で短時間。

スポンサーリンク
完成

そして完成。
家族でおいしく食べました。
よろこんでもらえました。

しかしまだ納得のできあがりではないので、再挑戦します。

コメント

プロフィール

なかのひと
しっくん

こんなズボラな僕でも、簡単においしくできる料理を目指して。
糖尿病でも人工透析でも安心して食べられる簡単レシピは完成するのか?

しっくんをフォローする