夢でも嘘でもない現実の話。

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク


しっくんとLINE友達になる

睡蓮

まだまだ死ぬはずのない人が亡くなった。
しかも、本当にお世話になった人が。

僕はその人に救われた。
体も心も救われた。

それは一瞬の救いではなかった。
その後ずっと、その言葉に救われ続けている。
そして悩みや壁にぶち当たるたびに思い出している。

きっとこれからもそうだろう。
何かあるたびに思い出す。
これからも僕を支え続ける。
僕の生き方の根幹になる考え方。
そんな言葉をくれた人だった。

体調が悪そうだな、とは思っていた。
少しお休みされてたことも知っていた。
だけどコロナが落ち着けばまた会いに行こうって思ってた。
これからもずっと付き合いは続いていくと思っていた。

僕が結婚して家族ができたら、家族ごと診てもらおうと思っていた。
親も、奥さんも、子供も、自分も。
僕の担当医はこの人。
まだできてもいない家族の未来。
そんなことまで勝手に考えていた。

先生が、亡くなったって。

昨日の夜聞いた言葉。
どの?あの?
わかってるのに聞いてしまった。
信じられなかった。
まだそんな年齢でもない。
体調が悪そうだとは思ったけど、まさかそんな。

K医師
K医師

またしっくんさんと関わることができて、私もうれしいです。

そう言ってくれたんだよ。
体も治しましょう。
体力も回復させましょう。
希望を持ちましょう。
きっと、透析を離脱できるようになる。
医学の進歩を体を大切にしながら待ちましょう。

顎のイボも取りましょう。
いつでも取りますよ。
いつにしましょうか。

この顎のイボ。
いつの間にかできたやつ。
いつでも簡単に取れるよ。
すぐだよ。
取ろうねって、約束したのに。

嘘だよ。
信じられないよ。
夢か現実かわからないまま、昨日が終わって。
朝、お悔やみ欄を見るとそこに名前があった。
年齢も同じだった。

あれ、こんな漢字だったっけ?
名前の漢字が違うくない?
とか、脳が認めたくないらしい。

脳も心も認めたくないらしい。
だってまだ死ぬような年齢じゃないだろ。
まだまだあるだろ。
やり残したことが。
救える人がいただろ。
僕も。

誰に話せばいいんだよ。
誰にわかってもらえばいいんだよ。
誰に聞いてもらえばいいんだよ。
これから先どうすればいいんだよ。
わからないよ。

誰かに話したい。
この悲しみや苦しみを誰かに聞いてほしい。
先生との思い出を話したい。
話したいけどきっと、この想いは先生にしか伝わらない。
僕がどれだけ救われたか。
これからどれだけ先生と過ごしたいと思っていたか。
語り合いたいと思っていたか。
聞いてほしいと思っていたか。

話したいことがたくさんあったよ。
聞きたいことがたくさんあったよ。
食べてほしいものもたくさんあったよ。
見せたいものもたくさんあったよ。
だけど僕は遅すぎた。
僕は間に合わなかった。
なにひとつ、叶わなかった。

助けてもらったのに。
救ってもらったのに。
闇の中に光を教えてもらったのに。
絶望の中希望を見つけてもらったのに。
何も返せていないのに。

悲しいね。
苦しいね。

どうしていいのかわからない。

コメント

プロフィール

なかのひと
しっくん

感じたことや考えたこと。
見たもの、聴いたもの、買ったのものレビューなど。

しっくんをフォローする