リオナが中止になって変わったこと。

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク


しっくんとLINE友達になる

先週の金曜日まで。
リン吸着剤のリオナを服用していました。
が、フェリチンが上がってきているということでリオナが中止になりました。

リオナのおかげでリンは下がっていました。
しかしここのところリンが高く、リオナを増量の検討が行われましたが逆に中止となりました。
現在服用しているリンのお薬はカルタンです。
しかしこれも量によってカルシウムが上がる。
なので食事で調整するしかないです。
週末、気をつけます。

さてさて、お薬には作用と副作用があるのですが。
僕はリオナで副作用も出ていたと思います。

まず、これは副作用とは違うのですが便が黒くなります。
そして便が鉄臭くなります。
なんとも言えない独特の匂いです。

そして僕に出ていた副作用は下痢と排便回数の増加です。
しかしこれは悪い効果だけではなく、下痢をすると水分も出るし排便回数が増えるとさらに出るので便による体重減少がかなりありました。
これがなくなると体重コントロールがどうなるか気がかりではあります。
しかし、下痢と排便回数の増加は大変でもありました。
透析中にトイレに行くことも多々ありましたし、出先でもそうです。
急にお腹がゆるくなり、しかも下痢なのですごい便意が襲ってきます。
我慢できない、もう間に合わないと思ったことは何度もあります。
だけど漏らすわけにもいきません。
下痢だしひどいときは水のような便だし、黒いし独特の匂いもする。
漏らすと大惨事です。
周囲も自尊心もきっとボロボロになります。
急に襲ってくる腹痛に気が気ではありませんでした。

土曜日から服薬がなくなり、火曜日には便が普通になりました。
色も黒ではなく黄土色です。
そしてこの1週間は透析中に便意に襲われませんでした。
心も平和です。
いつ襲ってくるかわからない便意におびえ、便意に襲われれば間に合わないかもしれない恐怖にも襲われていましたから。

これでリンと体重の増えを抑えられればパーフェクトなんですけどね。
頑張ります。

コメント

プロフィール

なかのひと
しっくん

若くして、2型糖尿病だということが発覚しました。
しかしなんの自覚症状もないので放置。
喉の渇き、足先の痺れを感じるようになっても放置。
しかしある日、視野欠けが。
それから病院に行き治療をはじめるものも、色々な事情からまた放置してしまいとうとう透析導入になってしまいました。
やっと病気と真剣に向き合い、それからの人生。

しっくんをフォローする