武雄神社で大楠と夫婦檜。

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク


しっくんとLINE友達になる

武雄神社に行ってみた。
なんとなく。
なんとなく行ったんだけど、行って正解だったと思う。

思っていたよりも人が多くて、駐車場はちょうど満車になった。

夫婦檜。
ここに鈴を結んで願掛けをするらしい。

いろんな人がお願い事をしていた。

結構大きな木が途中に。

樹齢3,000年の楠って、どんなものなんだろう。

参拝後、御朱印の種類を決めて吉田が書いてもらっていた。
人が多くて、かなりの待ち時間があった。
その時間を利用して、樹齢3,000年の楠を見に。

樹齢3,000年って、気が遠くなる長さだな。

天然記念物。
そりゃそうよね。

想像を超えたものだった。
樹齢3,000年の楠。
幹には大きな空洞がある。
でも、生きている。
すごい姿だった。
圧倒された。

楠まではそこそこ距離があって、高低差もあった。
歩くのがしんどかったけど、たどり着けた。
よかった。

お守りを買ったんだよ。

初めて、縁結びのお守りを自分で買った。
これまではいただくばかりだったけれど。
そして左の鈴が、夫婦檜に結ぶ鈴。

外して結ぶ準備をしながら、境内をあとにする。

いろんな縁を願う。
僕は赤で、恋愛運。

いろいろな人が、いろいろな縁を願っている。
結ぶ前に、鈴が落ちた。
1個は自分で見つけたけど、1個は見つからなかった。
あきらめて1個だけで結ぼうかと思ったら、吉田が見つけてくれた。
ありがとう。

いいご縁がありますように。

コメント

  1. しっくん
    武雄神社のご神木の大楠。圧巻ですね!樹齢3000年ということは、イエスキリストが生まれる約1000年も前からここにいらっしゃるということですね。すごい!

    写真を通して大楠をみているだけでも、なにやら他とは違う空気感が伝わり嫌な事、辛い事が洗いながされるような感覚になります。
    まさにパワースポットと言われる場所ですね。

    仲睦まじく2本並ぶ夫婦檜も魅力的です。いいご縁に恵まれるといいですね(^^)

    • 圧巻でした。
      3,000年生きた姿。
      それはもう幹はボロボロな姿ではあるのですが、それでも元気な葉をつけ、なによりもその存在感がすごかったです。

      ありがとうございます!

プロフィール

なかのひと
しっくん

2型糖尿病で人工透析をしています。
それでも旅を楽しみたいなって思っています。
これまでの旅の記録も書いていきます。

しっくんをフォローする