宿泊の部屋は、桜。

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク


しっくんとLINE友達になる

桜 sakura

宿泊するお部屋は、桜。
2階のお部屋。
階段を上ってすぐにあった。

階段をのぼってすぐ左手

落ち着いたシックな館内。
いろいろなお部屋があるみたい。

階段をのぼってすぐ右手

右の方にもお部屋がある。

桜の室内

桜の室内。
リビングのような場所。
シックな家具と落ち着いた照明。
そしてテレビがあった。

スポンサーリンク
和室に布団

畳のところには布団が敷いてあった。
僕はここで寝る。

窓にはブラインド

窓にはブラインド。
ブラインドを開けると、木々が生い茂る風景。

洗面台

シンプルな洗面台。

トイレ

洗面台の向かいにトイレ。

スポンサーリンク
内風呂

部屋付きの内風呂。
すでにお湯は張ってある。
温度に気をつけてくださいと言われた。
源泉は90℃もあるらしい。

露天風呂

部屋付きの露天風呂。
奥はガラスを挟んでベッドルーム。
丸見えやんか!と思ったら、ベッドルームにブラインドがあった。

露天風呂の湯船の正面にある謎のもの。

内風呂

内風呂を露天風呂側から。

スポンサーリンク
光を感じる

露天風呂の浴室から。
外の光と風を感じる。

嬉野茶とお茶菓子

嬉野茶とお茶菓子を持ってきてくれた。
冷たくておいしい嬉野茶。
きれいな緑色。

嬉菓と嬉野茶

嬉菓(うれしか)と、よく冷えた嬉野茶。
佐賀弁で「うれしか」とは、「うれしい」という意味。

寝室は、ベッドが2つ並ぶ。

スポンサーリンク
テレビ

寝室にもテレビ。

寝室

寝室に床の間みたいな空間があった。

床の間

なんか落ち着く。

部屋付きのお風呂

寝室からはお風呂が丸見え。
恥ずかしいなって思ってた。
だけど心配はご無用。
ちゃんとブラインドが下ろせるようになっていた。

スポンサーリンク
吉田屋の桜の寝室

さて。
ちょっとお買い物に行きますか。

コメント

プロフィール

なかのひと
しっくん

2型糖尿病で人工透析をしています。
それでも旅を楽しみたいなって思っています。
これまでの旅の記録も書いていきます。

しっくんをフォローする